強烈な価格ダウンする商品である着物をしたたかに、高値で売るには。

dtp01-a

祖母が亡くなったときに、私の母に着物を託しました。よくある形です。着物というのは、大変値の張るもので簡単に数十万円の着物というのが新品では発売されています。祖母が着物を呉服屋さんで作った際にも、当時の貨幣価値で行くの数十万円を支払って作っていると思われます。

そして、そういう着物が祖母から母に託されて、そして、今母が体も勝手が効かなくなり、娘の私に祖母の分と自分の分の着物を託したのが5年前のことでした。祖母からの古い着物が7セット、母からの分が5セットありました。

「強烈な価格ダウンする商品である着物をしたたかに、高値で売るには。」の続きを読む…

リサイクルショップさくらに売った体験談

img_0452

着物を売ることにしたきっかけは、おばあちゃん子だったこともあり、常に着物を着ていたおばあちゃんの影響、小さい頃からきもの屋さんに連れて行ってもらっていたこともあり、就職するようになると自分のお金で着物を購入、独身時代、茶道を習っていたことも着物とのかかわりを持った要因の一つです。

着物が増えて、和ダンスも購入して入れていたけど、そこでは収まり切らず、桐箱を買ってそこにも入れていました。

昨年、家の建て替えをし、タンスの移動を余儀なくされたのをきっかけに最低限必要かどうか?と思える物だけ残して手放そうと決意しました。

私が着物を売ったのは、新潟県佐渡市にある着物リサイクルショップさくらです。

「リサイクルショップさくらに売った体験談」の続きを読む…

母の嫁入り道具たち

image-3

実家を改装することになり、不必要となったものが娘の私の所にやってきました。

その中に母親が嫁入り道具として仕立てた留袖、訪問着、羽織、小紋、名古屋帯、帯などが合わせて15点ほどありました。

仕立ててもらったもので、一度も着ておらずしつけ糸がついたままの物もありました。

私が着ようかとも思ったのですが、柄が好みのものではないことと着る機会がないので、売ることにしました。 「母の嫁入り道具たち」の続きを読む…