リサイクルショップさくらに売った体験談

img_0452

着物を売ることにしたきっかけは、おばあちゃん子だったこともあり、常に着物を着ていたおばあちゃんの影響、小さい頃からきもの屋さんに連れて行ってもらっていたこともあり、就職するようになると自分のお金で着物を購入、独身時代、茶道を習っていたことも着物とのかかわりを持った要因の一つです。

着物が増えて、和ダンスも購入して入れていたけど、そこでは収まり切らず、桐箱を買ってそこにも入れていました。

昨年、家の建て替えをし、タンスの移動を余儀なくされたのをきっかけに最低限必要かどうか?と思える物だけ残して手放そうと決意しました。

私が着物を売ったのは、新潟県佐渡市にある着物リサイクルショップさくらです。

「リサイクルショップさくらに売った体験談」の続きを読む…

母の嫁入り道具たち

image-3

実家を改装することになり、不必要となったものが娘の私の所にやってきました。

その中に母親が嫁入り道具として仕立てた留袖、訪問着、羽織、小紋、名古屋帯、帯などが合わせて15点ほどありました。

仕立ててもらったもので、一度も着ておらずしつけ糸がついたままの物もありました。

私が着ようかとも思ったのですが、柄が好みのものではないことと着る機会がないので、売ることにしました。 「母の嫁入り道具たち」の続きを読む…

江戸小紋をリサイクルショップで売りました。

image-2

購入した江戸小紋の着物をリサイクルショップに売りました。購入したのが3年ほど前のことで、売ったのは1年ぐらい前のことです。

江戸小紋は淡い色でほぼ無地の着物ですので、帯の柄を相対的に際立たせてくれるので気軽に愛用する人が多いのではないでしょうか。

割と着物は普段から愛用していて(お茶教室には欠かせない為)、普段使いでも違和感のない着物が欲しくて江戸小紋を選んだのですが、色落ちしてしまった為(+コーヒーをこぼしてしまった為)に泣く泣く売却となりました。淡い黄色で可愛らしくとても気に入っていただけにとても残念です。 「江戸小紋をリサイクルショップで売りました。」の続きを読む…

使わない着物は家に置いておくよりも、買取。

image-1

着物が好きになり今までいろんな種類の着物を集めていましたがあまりに増えてしまって収納にも困ってきました。

着物が好きとは言っても着る機会は一ヶ月に一度あるかどうかなので、実際にはこんなにたくさん必要ないとも思うし、買ったきり一度も着ようと思ったことのないものもあるので、少し着物を減らしたいと思うようになりました。

そう考えていたとき以前から見かけていた着物リサイクルの店があったことを思い出し思い切って行ってみようと思いました。 「使わない着物は家に置いておくよりも、買取。」の続きを読む…